1.かき落とし

 畳表の余分な部分を、切り取ります。
 上前は直線に、下前
注;
上前(うわまえ;畳どうしが接する辺、又は、部屋の中心側の辺)
下前(したまえ;寄木に接する辺、又は、部屋の外側の方の辺)

2.上前の通り

縁を張り、縁下紙を置き、定木を当てて上前の通りを直す。

3.レールを留める

レールを載せ、縫い代を調節して留める。

4.機械をかける1

縁や縁下紙などの縫い代を調整しながら機械をかける。
注;
当店では通常、この平刺しの部分だけ機械を使っています。
なお、特に目がつんでいて上質な畳表に関しては、レールの留め針でイ草を切ってしまう為、手縫いで仕上げます。

5.機械をかける2

縫い始めと、縫い終わりは細かく縫います。

7.平刺し

 昔は手縫いで、肘をこすって締めていました。手縫いは一針一針、完全に均一に縫うことは出来ませんが、逆にその微妙なムラが味となって見えるかもしれません。
 最近では機械化が進み、写真の様な小型縫着機を使う畳店も少なくなりました。