素材
 高温多湿で、寒暖の差が大きい日本では、夏涼しく、冬暖かい、畳のある住まいが最適です。
 それは畳の素材が、い草と稲ワラから出来ており、どちらも茎に空気を通す管がいくつもあるので、保温性と吸放湿性が、特に優れているからです。
 この天然の優れた特性を生かし、先人達が畳という敷き物を、造り上げたのです。まさに生活の知恵と、日本の気候風土が生み出した宝物といえるでしょう。

いやしの表畳

畳床製造工程