床 の 間

 龍鬢表(りゅうびんおもて)に紋縁を縫い付けたものを、床になる板に糸で巻きつける作業。
 本畳床や簡単に板に打ち付ける場合など色々な仕様がありますが、基本は写真の仕様。。
床の間は、大きさに決まりがないので
同じものもありません。

板の丈寸法は、仕上がり寸法の
約一分半短く作ってあります。
大目龍鬢表と七宝縁の組み合わせ。